ハノイで食べる フォークオン〜コムビンザン〜ビアホイ

ソンさんに頼るのでなく、日本人だけでも行動してみることに。
そうすることで、言葉は通じないが、より親密なコミュニケーションが現地人とできます。


変わりフォーの専門店に

ここはフォークオン(巻きフォー)と揚げフォー(フォーザン)発祥の店。
この店が人気がでたために、周りにはフォークオンの専門店が並びます。
メニューは少なく、料理は合理的。
日本でもこの業態、いけるんじゃないかな・・・どれもおいしいです。

0708_001.jpg 0708_002.jpg

ベトナムでは、小さな子供たちがよく仕事をしています。
この店でも小・中学生くらいの7〜8人の女の子や男の子がみんなで働いていました。
アルバイトなのか、手伝いなのか・・・

0708_003.jpg 0708_004.jpg

フォークオンは、切る前の生フォーの生地でハーブと牛ひき肉を巻いたもの。
ヒンズー教のラワット氏は残念ながら食べられません。
バインクンよりも生地が厚く、また違った味わい。
ヌクチャムにつけて食べます。

0708_005.jpg 0708_006.jpg

これが揚げフォー。
左は一口大に切ったフォー生地を揚げて、そこに豚肉と青菜、野菜、トマトを炒めてのせる。
右は乱切りのフォー生地を揚げて、炒めた玉子と、同じ野菜類をのせる。
味の素の味もせず、とてもおいしかったです。

0708_007.jpg 0708_008.jpg

左は炒めフォー(フォーサオ)野菜は同じでしたね。
右はNam deとかいう、豚肉のおっぱい肉。
やや臭みのある肉で、ごまをまぶし、ハーブと一緒に食べる。
タレはヌクトンとマムをまぜたようなタレ。

0708_009.jpg 0708_010.jpg

左はCha nganという、アヒルの炒め料理。
玉ねぎ、ターメリックと炒め、ハーブとマムトムのようなタレで食べる。
右は鈴木さんとハルカちゃん。チョップのお客さんです。



変わりフォー屋の近くの駄菓子屋

0708_011.jpg 0708_012.jpg

このあたりは、外国人はほとんどいなく、ローカルな雰囲気がただよいます。
のんびりとしていて、住むならこのあたりがいいな〜なんて感じますね。


市場でチョップ用の食材を探す

いろいろあって、探すのが難しい!
しかも、言葉はぜんぜん通じないので、紙とペンで価格を聞く。

0708_013.jpg


地酒専門店へ

この店は BACNINHという町のLANG VANという地域の酒を扱う有名店。
もち米や黒米、うるち米、その他漢方酒が度数別、グレード別でおいてある。
すべて量り売りです。

0708_014.jpg 0708_015.jpg

この日はネプ バン(黄色のもち米酒)とネプカム(黒米酒)を購入。


大衆食堂 コム ビン ザン

大皿惣菜が並ぶ食堂へ。
一人できても大丈夫。ご飯に3種類くらいのおかずとスープをつけて100円くらいで食べられる。
そんなコム ビン ザンは出前もあるので、ベトナム庶民にはかかせないご飯屋ですね。

0708_016.jpg 0708_017.jpg

いろいろな惣菜が並びます。

0708_018.jpg 0708_019.jpg

この日は空芯菜のにんにく炒めとゴーヤの肉詰め、玉子焼きと揚げ魚、
酸っぱい竹の子の炒め、高菜の漬物、青菜のスープを注文しました。
ビールのつまみとして、また、ごはんにおかずとスープをぶっかけて食べました。


ソンさんと日本人とネパール人

0708_020.jpg

ホテル前で記念写真。
ソンさんはわがままな4人の要望すべてに応えてくれました。
我々の為に1週間も仕事を休み、朝から深夜までずっと付き合ってくれました。


ビアホイへ

ホテル近くのビアホイへ。
ここはソンさんの大好きな ビアホイ ハノイの店。
ソンさんはそれ以外のメーカーのビアホイは飲まないそうです。
しかも、ビールよりもビアホイが好き。つまり、ビアホイ ハノイが一番好きな酒らしいです。

0708_021.jpg 0708_022.jpg

ビアホイとは薄いビールのようなもの。
フレッシュな飲み物で、当日に売れ残ったビアホイは次の日には売れないそうです。
栓をしたホースから出てくるだけのシンプルなサーバー。

0708_023.jpg 0708_024.jpg

この日はつまみもソンさんが大好きなつまみを頼む。
ナッツが新聞紙で包まれてクラッカーのような形に。

0708_025.jpg 0708_026.jpg

右はネムチュア。豚肉の醗酵ソーセージ。
酸っぱくておいしいです。

0708_027.jpg 0708_028.jpg

牛肉の炒めと、ロースハムのワサビヌクトン添え。
ビアホイのつまみに最適ですね。

0708_029.jpg 0708_030.jpg

するめいかの干物はベトナムでもつまみの定番。
右はミーサオ(焼きそば)ベトナムでは中華麺は乾麺を使用しますが、
それがまたインスタント焼きそば的な味でおいしいですね。
ラ・スコールではミーサオも生麺を使用していますが、
乾麺のこのスナック的味もいいなと思いました。
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック