ラウ オック (貝鍋)

 タニシ鍋の発祥の店、創業43年の「Baluong」に行きました。
待の外れの奥の、幅1mくらいしかない路地の途中にあり、看板もなく、外見は店とはとても見えない。

ドアなどないオープンな1階部分は薄暗く、
なにか作業をしているのはわかる。
よく見ると、たくさんのタニシをむいたり、こねたり、焼いたり、煮たりしている。
しかし、客席もないし、食堂とはとても思えない。

はだかの男の子やおっさんが、タニシを扱っている姿は、ちょっと怖い。

しかし、連れて来てくれたアイン君は、そのまま入っていき、店の奥にある階段を登っていく。
なんかヌルヌルした階段で、ちょっと嫌な雰囲気。

しかし、階段を登ると、そこには24席ほどの客席があり、お客さんでいっぱいでした。
ローカル には有名な店らしいです。





タニシと豚肉をミンチにして、香草で巻いて揚げ焼きにしたもの

これ、めっちゃ美味しいです。
日本でサザエかなんか使って作ってみたい。



タニシ鍋


非常に美味しくて、なんとか日本でメニュー化したいと思いました。
とてもやわらかい酸味があるのですが、これはベトナム特有の調味料を使うそうです。
なんでも、米を洗って、なんか虫に食わせるとか・・・
虫がいる原液の米発酵汁と、あらたに米を洗ったものを甕に入れて蓋をしておくと
1週間ほどで出来上がり、ずっとつぎ足しつぎ足しで作っていくようです。
その調味料も飲みましたが、どぶろくっぽさもある酸っぱい白い液体です。
しかし、その虫っていったいなんなんだ・・・

具材は白きくらげ、トマト、パイナップル、水餃子みたいな点心、油揚げ、タニシのすり身団子、
皮つき豚バラ肉、豚肉団子、青バナナ、もやし、空芯菜、大葉、サニーレタス、ハーブ類など

味つけは、あっさり塩味。そこに酸味がやわらかくあり、具材の旨みが加わっています。

ほんと、美味しいけど、日本人はタニシ食べないから、日本でのメニュー化、難しい。
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/05/15 8:37 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:71
最後に更新した日:2017/02/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM