人生で最高のマッサージ

8年ぶり・・・かな、サイゴンへ来たのは。

初めてのベトナム旅行の時に1人で来て、その後、ラ・スコールの創業メンバー(伊藤さん、原田さん、上利さん)と4人で来たな。
ベトナムへは毎年、11年前から来ているが、ホーチミンにはそれほど来ていない。
今回で3回目だ。


今回は吉祥寺店の開店に伴い、食器などの購入の為に、渡越した。
いつもハノイばかりではちょっとあきるし、買い物ならばホーチミンのほうがいろいろとあるだろうということで、一人、ホーチミンへやってきました。
 
今回の日程はホーチミンに34日で、その後、深夜便で飛行機に1泊ってかんじかな。
初日も朝便で来たので、時間はわりとある。
 
とりあえず、ホテルへ向かい、周辺を散策することにした。
 
ファン グー ラオ通り、デタム通り近くのブイ ビエン通りにある
Biz Hotel に泊った。
120ドル弱だったかな。安い。
わりとキレイだし、エアコンも調子いいし、エレベーターもあるし、シャワーもお湯がでる。って当たり前のことなんだが、
以前のベトナムでは、当たり前でもない。
 
この一帯は、ベトナム最大のバックパッカー街らしく、西洋人がたくさんいる。
深夜になると、バーやクラブや路上に、西洋人達がたくさんタムロしている。
なんか、日本人には肩身がせまいエリアかな。
でも、路地にはローカル店が点在している。


 

(ホテル周辺の昼間の路地)




(ホテルがあるブイ ヴィエン通りの夜の様子)
ゴザを敷いて、そこに座ってビールを飲んでいる。なんか毎晩がお祭りのようだ。
この聴衆に向かって、ホテルのベランダにスピーカーを置いて、爆音で流している白人がいた。
西洋人にまじってベトナム人の若者も多い。



まあ、そんな中、ぶらぶらしていたが、あまりよさそうな店は見つからない。
路地の小さなローカル飯屋も、わりとキレイめな店は白人が多く、なんか入りずらい。
このへんの情報がないので、ホテルのスタッフへ聞くと、タクシーでわざわざ行かないといけない、観光客向けのゴンレストランを教えてもらった。
ってことは、このへんにはおススメはないってことなのかな?飯屋はたくさんあるけどなあ。
失敗しなそうなとこを、紹介しておいたという感じかな。

一緒に近くにあるマッサージ屋も紹介してもらったので、まずはマッサージに行き、そのあとにゴンレストランへ行くことにした。
 
このマッサージ屋。とてもすばらしい。
出てきたお姉さん・・・いや、おばさんは、色気がないので、大変ありがたい。
服装もなんかプロっぽい。
ベトナムのマッサージ屋は、若い女の子にホットパンツをはかせたりと、なぜか色気があるところが多いので、マッサージを受けていても緊張してしまって、リラックスできないことが多い。
しかし、このおばちゃんなら、緊張しないし、なんか経験も豊かそうだ。
ホットストーンマッサージ90分コースで、270000ドン。だいたい1400円くらいかな。
最近のホーチミンの事情はわからないが、安いように感じる。




まずは指圧マッサージをしてくれるのだが、大変心地よい。
力の加減が完璧だ。ちょうどいい強さで、柔らかく、力強く、その相反する加減の仕方がたまらない。
私が今まで受けてきたマッサージの中で、一番上手じゃないかな・・・。
 
そんなことを考えながら、大変に気持ち良くなっていた。
 
このおばちゃん、日本語はもちろん、英語も通じないのだが、なんか「これを使ってやるよ」みたいな感じで取りだしたのが、金属の小さなプレート。
米兵が胸に下げているネームプレートみたいなもので無地のものだ。
 
何に使うのかと思ったら、なんか背中や首、腕をそれでなぞりだした。
ずっと同じところをある程度の力で繰り返しなぞるので、なんか痛くなってきて、ひっかかれているみたいな感覚。
「痛いから、もうちょっと優しくして」と言おうか悩んだが、まあこのベテランのおばちゃんのことだ。きっと意味があるのに違いない。
「この強さじゃないとダメなんだろう・・・」と、何度も自分に言い聞かせ、やせ我慢をする。
しかし、「これはなんの為にやっているのだろう?垢すりか?そんなにやり続けたら、皮がめくれちゃうんじゃないかな」っていうくらい、ずっと同じところを何度も繰り返す。
なんか心配になってくる。「どうしよう。日焼けとかしたら、痛そうだなぁ。背中洗えなくなっちゃうんじゃないかなぁ。しかし、このおばちゃんを信じよう。でも、早く終わってほしいなぁ。まだやるのかよ」
 
っと、いう感じで、最後まで何も言えず、そのままやってもらった。
 
その後、そこにオイルを塗られ、さらにあっつあつのホットストーンでその背中や腕をなぞられる。
でも、これは熱いけど、気持ちよさもある感じだった。
 
そしてまた指圧。こんどは仰向けになって全身をやってくれる。
「うーん。やはりすばらしい。このおばちゃん、タダものじゃぁないなぁ・・・」
と、感動してしまうくらい気持ちいい。
 
終わって、「どうだった?」みたいに聞かれたので、
「ベリーナイス、ベリーグッド」と、ほめ、「これは何?」って、金属のプレートについて聞いてみると、「あなたは、風邪をひいている。これをやるととても元気になる」
ということでした。
 
そうかぁ。これはみんなにやることなのかな・・・それとも、私にだけやってくれたのかな?マッサージはとてもよかったから、またここに来たいけど、もうこれは痛いからやってほしくないなぁ」
 
と考えながら、部屋を出た。
チップをせがまれたので、50000ドンくらいかな?っと思ってそう伝えたら、少ないという。なので、100000ドンで納得したもらった。500円くらい。
とてもよくしてくれたので、チップははずみたいが、とは言え、チップを払う習慣のない我々日本人には、どれくらい払えばいいのかよくわからない。
 
 
ゴンレストランへ向かったのがもう22時。
ホテルのお姉ちゃん、先にマッサージ行ってから、レストランへ行けと言っていたが、まだレストランはやっているのだろうか?
心配しながら行ってみると、やはりもう終わりみたいだ。
店員に、「チャーハン、焼きそば、焼き物しかできない」と言われ、仕方なく
焼きそばと焼きエビを注文。「サラダも食べたい」と伝えると、「焼きエビにたくさんのっているから、それで十分だよ」と、店員に言われ、じゃあ、それでいいよと。
ビールはもういらないし、ワインはボトルでしか頼めないので、「ピンクカクテル」というものを頼んでみたら、まさかのショートカクテル。
焼きエビとやきそばに、合いそうにない。

 

「焼きエビにサラダたくさんのっている」と言っていたのに、
のっているのはスライストマトだけ。
しょんぼり
はっきり言って、ぜんぜん美味しくなかった。
もう早く帰りたいから、適当なのかな・・・
どこか違う店に行こうかとも考えたが、
風邪で調子悪いし、さくっと食べて、コンビニで飲み物を買いこんで、ホテルへ戻ることにした。
 
部屋で着替える為に裸になり、鏡の前で歯を磨く。

「あれ、なんだこれ」

「なんじゃこりゃぁ!!びっくり


 
背中が大変なことになっている。
 
これって、やばくない?
赤くもようがついている。
 
俺はまだ男だからいいけど、女性だったら発狂するんじゃないか?
「あのババア・・・」
 
そういえば、ベトナム人って、飲みすぎた後や、頭痛の時に、鼻のつけねの上の部分を、爪ではさんで真っ赤のあとをつけたりしているな。
「これで治る」とか言って。ただの迷信だろと思っていたが、あれと同じかぁ・・・
 
しかし、俺日本人だし、こんな背中じゃ大好きな「スーパー銭湯」行けないじゃないか。
なんかアフリカ原住民のボディペインティングみたいだし、怪しい宗教の修業のしるしとか、深刻な病気とか・・・勘違いされてしまうかもしれない。
 
うーん、やっぱり痛かったもんな。
これはここまで赤くなるほどやらないと意味がないんだろうなぁ。
だから、「途中で優しくして」と言っても、ダメだったかもしれない。
 
しかし、ちゃんと了解をとって欲しいけどね。まあ、言葉通じなかったから、おばちゃんの優しさで、よかれと思ってやってくれたのだろう。
 
しっかし、「あのババア・・・」
 

 
JUGEMテーマ:ベトナム
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/02/16 9:48 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/08/08 10:30 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/02/22 3:44 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2014/12/03 6:51 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:71
最後に更新した日:2017/02/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM