ハイフォンの海鮮とバインダークア 

昼飯

ハイフォンにシーフードを食べに来た。
ここは有名店らしいが、他に客はだれもいなく、さびれた感じ。
週末の観光客向けな感じではある。
いけすにいる魚介類を新鮮なまま調理するみたいだが、
それほどおいしくはなく、値段は4人で100万ドン(7000円くらい)とられた。
基本的魚介類の食べ方は、
卓上に置かれたハノイのライスペーパーとハーブの盛り合わせ
チリソース、ボッカインライムこしょう、ヌクマム、黒い中国のまったりした醤油(名前を忘れた)
ヌクトンなどをお好みで使いつつ、
それぞれの食材にそえられた専用ハーブを組み合わせて食べる。

0702_001.jpg 0702_002.jpg

シャコ
ゆでて、タレにつけて食べる。

0702_003.jpg 0702_004.jpg

バイ貝?
薬味(揚げねぎや香草)をのせ、ボッカインレモンこしょうにつけて食べる。

0702_005.jpg 0702_006.jpg

タイみたいな魚。
新鮮だが、なんかおいしくない。日本人はうまい刺身を知ってるからね。

0702_007.jpg 0702_008.jpg

左 青菜のにんにく炒め。ヌクマムがフレッシュな為、色は薄いが味はいい。
右 イカ焼き。ハーブと一緒に好きなタレにつけて食べる。

0702_009.jpg 0702_010.jpg

チャオ カー
すりつぶした米だけではなく、緑豆も入っている。

まあまあおいしい。




どうしてもバインダークアが食べたくて、そのまま路上にある店を見つけた。
お客さんがたくさんいるので、たぶんおいしそう・・・

0702_011.jpg

0702_012.jpg 0702_013.jpg
0702_014.jpg 0702_015.jpg

やはり、味の素を大量に入れている。
我々には入れるなということにしたら、別添えで出てきた。
スープの味は、やや蟹の風味があるかんじ。
あっさりしたスープに丸い豚肉入りさつま揚げがのっている。
これはやや豚のくさみはありながらもおいしい。
しかし、想像してたよりも、蟹の味は弱く、ちょっと期待外れ。
でも、こんなものなんでしょうね。
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/04/30 6:56 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック