ベトナムのタピオカが面白いと聞いて・・・

JUGEMテーマ:ベトナム

 

タピオカを食べにベトナムまで行く・・・・と人に言うと、

 

「また茂木さん、金儲けですか〜?」とか、「流行りに便乗商売ですか〜?いやらしいですね〜〜」とか、

そんなふうに言われてしまいます。

 

そもそもこの話は、ある日本にいるベトナム人から、

「私のお姉さんがベトナムでタピオカ屋をやっているのだけど、それを日本で紹介できないか?」

という相談を受けた人から、私に相談され、じゃあまず食べてみないとだねってことで来たのです。

 

そうです。金儲けなんです。(;'∀')

 

いや、違う・・・私に相談した人や、その弟さんの気持ちを形にできるかどうか、

早く見てみないと、日本のタピオカブームもいつまでもつのかはわからないので、

急ぎ、見に来たという感じです。

 

はい。そういうことで、今回は1人でやってきました。

 

空港でなんとなく、「地球の歩き方、久しぶりに買ってみるか」と思い、買ってみました。

うれしかったのが、ビンミンがまだ掲載されていたこと。

ずっとここの掲載し続けるのって、それなりに大変に思います。

私が最初にベトナムへ来た時、17年前にも地球の歩き方を買いましたが、

その時に載っていた店は、今は載っていなかったりもします。

ビンミンはその時も掲載されていたと思います。尊敬します。

東京支店も頑張らないといけないなと思いました。

 

 

初日は予定もなく、ガイドのブウさんとも約束してなかったので、1人で戦争証跡博物館に行ったり、レタントン通りのHEM(路地)に、行ってみました。

 

中には枯葉剤の患者の写真や、戦争の悲惨さを感じる写真がたくさん展示してありました。

ベトナムの街中には、手や足のない人がたくさんいて、物乞いをしています。

枯葉剤の影響は、今でも、遺伝で受け継がれてしまっているようです。

 

さて、せっかく今回は時間があるので、いつもはベトナム料理店ばかり見ていますが、

ホーチミンにある日本料理店も見てみたいなと思い、出かけてみました。

 

東京でビストロや創作居酒屋を経営するSTAR THREEさんのお店、「どんのすけ」

ホーチミン7区にあり、中心からは離れていますが、これから大注目のエリア。

静かな高級住宅街や、高級マンションがあり、外国人の金持ちが住んでいます。

日本人より、韓国人が多いいエリアらしいですが、一風堂さんもこの7区に出店。

一風堂は見つけられなかった(;'∀')

 

どんのすけのうどんは、日本と変わらないクオリティ。

こんなに美味しいうどんの麺がベトナムでも手に入るのか?と、びっくりしました。

味付けも本当においしい。具材もおつゆも完璧です。

丸亀製麺さんも、好調そうだし、うどん文化がベトナムに根付くといいですね。

 

こちらは、1区の中心にある、丸亀製麺さん。

 

続いて、日本人街と言われる、レタントン通りの裏路地のHEMへ。

昼間は閑散とした雰囲気ですが、夜はにぎやかになります。

デビット伊藤さんのラーメン店や、国分寺のカリスマラーメン店、ムタヒロさんなどもあります。

 

知り合いの、そのまた知り合いの店「まるや」さんに伺いました。

とっても美味しかったですし、リーズナブル。もうベトナムでも日本と同じクオリティのものが食べられるようになってきていますね。

 

ここには、たくさんのマッサージ店があります。

しかも、不真面目な(^-^;

 

ヴゥさんいわく、ベトナムでは、健全な飲食店でも、深夜営業するには警察とヤクザに対して賄賂が必要と言います。

この界隈の商売も、賄賂が必要なのでしょうね。

こんなにあからさまに、夜のご商売をされているのですから。

ほとんどの日本料理屋さんは、早めに閉店していました。

 

しかし、ここの路地は、迷路のようになっているのですが、

1人で歩いてると、すごい勢いで女性に囲まれます。

気持ちが弱い人は、一人歩きは禁止ですね。笑

 

さて、明日からお仕事がんばろ〜。

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック