外国人に人気のレストラン

朝飯

Quan an ngon

ホーチミンにもある、有名店。(ホーチミン店も何度か行ったことがある)
外国人にも地元の人にも人気の店。
ベトナム各地の料理が食べられるが、専門店ではないため、
感動的なおいしいものはなかなか出てこない。

0701_001.jpg

土鍋類をうまく調味料入れや食材入れに使用して、屋台の雰囲気を演出。

0701_002.jpg 0701_003.jpg

バインクオンを上手に焼く女性
布ではなく、鍋に米粉をはって蒸しあげている。
箸でとって、具をのせてくるっと巻く。あまりやぶれないかなど気にせず
あるいみ大ざっぱ、しかし手際よく作っている。

0701_004.jpg 

左が通常の巻いたもの。
右は蒸した皮にハムとミントなどハーブをのせ、タレをかけて食べる。
タレはヌクチャムの唐辛子ぬき。唐辛子はだいたい別添えになっている

0701_006.jpg

ブン ボー フエ
あまり辛くなく甘い。別添えの唐辛子(チリオイルを作った時の
揚げたチリパウダー)を入れて辛くする。
この麺だけは他のブンメニューと違って太麺を使用します。
しかし、ベトナムの太ブンはのびたうどんみたい。

0701_007.jpg

ブン リュウ クア(蟹入りブン)

ブンリュウクア専門店じゃないから、わからないが、
スープがそこまで蟹汁という感じではなく、
さっぱりしたあまり味のないスープ。

0701_008.jpg

ブン オック(貝入りブン)
大葉、バナナの皮、ラウラム(たで)、レタスが刻んである。
チリと、マムトムを添える。
貝のくさみがある。
ハーブで臭みをまぎらわして食べるかんじなのかな。
しかし、美味しいオックは、臭みないけどね。

0701_009.jpg

チャオ オック(貝のおかゆ)
やはりラウラムが入っていて、揚げパンものっているのが面白い。
米はすりつぶされたもの。揚げねぎものっている。

0701_010.jpg

バイン ドック
米粉にピーナッツを入れて蒸したもの。
マムのタレ(ハイフォン近くの町の名産)につけて食べる。
料理もタレも日本人の口にはあわない。
生地はもちもちはせず、やわらかく・・・別においしくないな。

0701_011.jpg

バイン ゾー
米粉とタピオカ?をまぜた生地みたいな・・・ぷるぷるもちもちの皮に豚肉アンが入った肉まん。
しょっぱいハムとチリソース、ゴマが添えられていた。

0701_012.jpg 0701_013.jpg

店の雰囲気は作られた感じだが、とてもいい。
洗練され、衛生的でおしゃれなコロニアルテイストと屋台の雑多的雰囲気を
融合させた感じ。

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:71
最後に更新した日:2017/02/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM