ダラットの料理教室

JUGEMテーマ:ベトナム

 

今回の旅行、特に料理研修のスケジュールも入れていなかったので、

ダラットで開催している料理教室へ参加してみることにしました。

 

Life In Laugh Homestay & Cooking Class

https://www.facebook.com/DaLatLifeInLaughhomestay/

 

料理教室へ行くと、40品ほどあるメニューの中から

前菜から1品、メインから2品選んで欲しいと言われました。

 

たくさんの魅力的なメニューがあったのですが、

私達が知りたかったのは、ダラット風のフォーのスープと、

ダラット風の空心菜炒めの味と、トウモロコシの揚げ春巻。

フォーだけはメニューにありましたが、それ以外は、メニューになし。

空心菜炒めは、今さら習うこともないのですが、ダラットで3回ほど食べてみて

どこも美味しかったので、初心に戻ってという感じです。

シンプルな料理ほど、難しいとも言えますからね。(笑)

 

私達のわがままオーダーにも、快く引き受けてくれました。


料理教室は、ダラット市場での食材調達から始まります。

先生はツアーガイドをもともとやっていたのかな・・とても親切に食材のことや、

ダラットの文化などについても教えてくれます。

私達は英語が下手くそですが、英語が理解できる人なら、とても楽しめる料理教室だと思います。

 

生きた鳥たちもたくさん種類がいます。

その横に、捌かれた生肉が。(^-^;

 

魚の種類も非常に豊富。

ダラットは高原ですが、海もわりと近いので、食材が豊かです。
 

野菜も非常に美味しいし、食材の宝庫と言えるかもしれません。

 

フォーのスープ。

玉ねぎ・生姜・ホムデンを焦げるまで焼く。

7種のスパイスも、よくあぶって香りを出します。

鶏は丸どりで、1時間ほど煮てから、身を外してまた骨を入れてさらに煮込みます。

 

びっくりしたのが、空心菜の下処理。

固いところと、やわらかいところを選別するのですが、

固いところは、日本だったら、茹でてから使うとか、

油通ししてから使うとか、何かしら食べる方法を考えますが、

ダラットでは固い部分は、食べない。

 

とっても安いみたいです。(^-^;

まるで人参の皮や、野菜の根の部分のごとく、当たり前のように捨てます。

 

先生の指導では、オイスターソースのみで味付け。

私達は町のレストランで食べた店で、何の調味料を使っているか聞いたところ、

ヌクトゥンとオイスターソース、少量のチリソースと教わっていたので、それも試させてもらい、

2種類を作ってみました。

 

ダラット風 トウモロコシの揚げ春巻

 

とっても美味しかったですが、皮がポイントですね。

この皮が日本で手に入るのか、調べないとです。

 

フォーはこんな感じでとっても美味しい。

味の素は使わないで欲しいと伝えると、

鶏ガラスープの素を入れてました。(時間がなかったからかもしれません)

 

面白かったのが、味付けはそれだけ。

ヌクマムも砂糖も入れません。

 

卓上に用意されたのは、トゥオンデンという黒い甘味噌と、チリソース、

ライムと唐辛子のみ。

ヌクマムが欲しいと伝えると、「しょっぱくなるよ」って言われました。

先生の好みなのか、ダラットの人がそうなのか、後入れのヌクマムさえ、使わないようです。

 

先生はどうやって食べるのか見てみると

おお・・・・これが本場の食べ方か(笑)

 

塩分少なめで、甘辛いのがお好きなんですね。

 

先生は明るくて元気いっぱい!

Life in Laugh!

 

楽しくて勉強になった、素敵な時間でした。

 

Life In Laugh Homestay & Cooking Class

https://www.facebook.com/DaLatLifeInLaughhomestay/

 

これで、ダラットの旅は終了で、ホーチミンへ移動です。

最後に、ダラットでお世話になった、スタービューヴィラのオーナーの写真。

とてもアットホームでいいホテルでした。

帰る時も、タクシーに「160000ドンだぞ」って言ってくれて、

メーターでは400000ドンくらいいってましたが、160000ドンだけを請求されました。

 

このおじさんが、世話好きで、おしゃべりで、とてもいい人でした。

ダラットは、観光地ですが、スレてないというか、人がとても良かったです。

街はきれいですし、ぜひホーチミンへ行く際は、寄ってみて欲しい街ですね。

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック