ホーチミンのバインミー屋巡り

JUGEMテーマ:ベトナム

 

ダラットでの旅を満喫し、ホーチミン入り。

ホーチミンでは仕事モードに切り替えです!

今回もいつも通り、ホーチミン専属ガイド ヴゥさんに案内を依頼。

 

まずは朝飯!

 

朝、9:00には売り切れてしまうという、フォー屋に。

(ホテルに朝食ついてるのに、食べないで行きました)

 

牛肉のフォー専門店です。

玉ねぎと万能ねぎともやしの、ハノイスタイル。

スープは濃厚で、とっても美味しい。

 

9:00にはもうスープなくなって売切れ。

食べられてよかった。

 

さて、まずはオリジナルの看板を作りに看板ストリートへ。

すぐにはできないので、1日後とか2日後に取りにくる段取りで、オーダー。

 

2日間、ホーチミンにいる間に、いくつかのバインミー屋をめぐってみました。

 

まずは、大人気店 HUYNH HOA

パンのサイズが大きめで、具材もたっぷり。種類はミックスの1種類のみ。

パテとミックスハムですね。

万ネギ・玉ねぎ・パクチーミックス。チリソースなしで、唐辛子入りで辛い。

食べ応えがあるので、西洋人にも人気のようです。

パンの食感は「バリバリ系」。初期のエビスバインミーのパンに似た食感です。

 

17年前に私が初めてホーチミンへ来た時にも食べたバインミー屋。

ずっと人気店です。

万能ねぎと玉ねぎ、パクチーのミックスは、ホーチミンではよく見るスタイル。

なますに白菜も入ってました。

ここではサバサンドを注文。サバはトマトソースではなく、鯖缶のような味で美味。

これはこれで美味しいです!

パンは一応、焼いてくれるのですが、あまりパリッとはしてなく、固め。

ダラットのパンに比べると、ホーチミンのパンのほうが基本的にはぎっしりしてます。

なますはどの店も少なめですね。

 

写真がなぜか逆になってしまうので、お許しください。

さつま揚げハム専門店 MINH CHAU

具材はミックス魚ハムのみ。野菜はまったく入ってない、シンプル味で、飽きない感じ。

パンの食感は現在のエビスバインミーに近い。わりと軽めでさっくりした感じ。

 

ストリート系。Hoa ma

脇道の両側にテーブルと椅子を並べてます。

1958年創業の老舗だそうです。

 

サンドはこんな感じ。

具材は美味しい。

パンはロングなものをハーフカット。

それでも大きい。チョップスティックス高円寺店や、ビアホイチョップ中野店で

使用しているパンと似た感じの食感。

フランスパンに近い、ややハード系のパンです。

 

この店はこっちのほうが名物のようで、ほとんどのお客さんがこっちを注文。

ミックスハムエッグに、別添えでパテマヨミックスときゅうりのつけもの。

このスタイルは、家庭やホテルの朝食などでも定番なものですが、

ここのはなぜか有名なようです。

味はもちろん、美味しいですよ〜。

 

有名店ではないですが、通りすがりのバインミーおじさんが気になって注文。

つくねやパンを、屋台の炭火で焼いて温めてくれます。

 

ここは具材には野菜はなし、なますもなし。

香草のタデだけが入ってます。

つくねの他に、豚耳の細切りが、麺のようにたくさん入っています。

これはこれで美味しい。

 

エビスバインミーでは、ハノイでパンの修行をし、

今回の旅では、ダラットも含め、毎日バインミーを食べてきましたが、たくさん食べてみて思うのは、

「バインミーにルール無し」

 

パンがこうのとか、具材がどうのとか、地域によって、店によっても全然違います。

よく日本で、「この店のバインミーは本場と違う」とか言っている人がいますが、

それは、その人が食べたものと違うだけだと思います。

 

では、何がバインミーの定義なのか・・・

 

ベトナムのパンもどんどん進化していますし、パンの食感も様々。

バゲットにベトナム料理がサンドしてあれば、バインミーでいいんじゃないですかね!

 

3店舗分なので、食器屋ができそうなくらい、頑張って買い込みました(^-^;

これを梱包して、日本に持ち帰るの大変なんです。

 

すべての仕事が終わって、ゆっくりできる場所へ。

郊外にある、話題のレストラン

QUAN BUI GARDENへ。

ホーチミンの中心から北東へ車で20〜30分くらいのエリアにあって、

けっこう遠かったです。

でも、静寂の中で、とてもゆったり、ゆっくりとした時間を楽しめました。

料理とコスパは、それほど・・・という感じでしたが、雰囲気は最高でした。

お客さんは、私達以外はすべて西洋人でした。

みんなで語らい、楽しい時間でした。

 

今回の旅も最高に楽しく、勉強になりました。

これを生かし、もっと面白い店にできるように頑張りま〜す!笑

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック