魅惑のビアホイ

久しぶりのベトナム。
1年半ぶりです。

今回の旅行の目的は、中野に出す新しいベトナム料理店の備品の買付け。
火曜の朝5:15にホーチミンの空港に着き、
土曜の朝8:40の飛行機で帰ります。
動けるのは、火曜〜金曜の4日間しかありません。

できれば3日間で買付けとシッピングの手続きまで終わらせ、
最後の1日は、知り合いのバインミー屋さんに、パン作りを見学に行きたい。

今回も、前回ホーチミンへ来た時と同じ、ブゥさんにガイドをお願いしました。
ハードなスケジュールも、この二人ならば、きっと大丈夫さ!!

ホテルの前の路上でスペアリブ焼いてたので、まずは腹ごしらえ。



まずはチョロンのビンタン市場へ。


食器買うなら、やっぱりここですね。
ハノイにはない、厨房備品をたくさん取り扱う市場です。
あっという間に食器500枚と備品をたくさん買いました。
安いので、あまり考えてません。ノリと勢いです。
アオバーバーもいいのが買えましたし、
プラスチックのイスも40個買いました。

バイクでは持って帰れないので、すべて明日の朝にホテルへ
配達してもらうことにしてもらいました。

考えてないとはいえ、神経疲れた〜。
禁煙中なのですが、タバコが1本だけ吸いたい・・・

そんな人に嬉しいのですが、ベトナムでは1本でタバコ買えます。
1000〜2000ドンくらいかな。5〜10円
こういうとこで買えます。
ソフトドリンクやフルーツの漬物なんかを食べられます。


その後、ベンタイン市場でバッチャン焼きと、Tシャツを大量に買い込み、
18時の市場のクローズとともに、本日の買い物終了。

さあ、今夜はどこで飯食べようかな・・・

「ブゥさん、私はビアホイ行きたい。日本でビアホイみたいな店をやりたいから」
「そうですか、じゃあ、ホテルの近くに有名なビアホイがあります。そこに行きましょう」





こんな感じ。
10年前くらいにハノイで飲んだビアホイは、大きなタンクに入ったビアホイを
ホースでグラスに注いでくれたけど、
このビアホイは、日本の生ビールと同じ仕組みだ。
最近はこれが主流なのかな。



日本のと同じような生樽が、奥の水色の水槽みたいなところの中に置いてあります。
保冷しているのでしょう。
それと、ガスボンベも、機械につながれています。
日本と違うのは、サーバーに冷却する機能がないのかもしれません。



氷をグラスに入れて、飲みます。
茹でピーナッツは、ビアホイの定番ですね。
お通しみないな感じで最初に出てきます。



まずはハムの盛り合わせ。これ、全部美味しい。
生ニンニクものってます。にんにくはベトナム産が美味しいらしく、
日本と同じで、中国産は安いようです。



「茂木さん、ビアホイは一番安いビールです。一番高級がビアトゥイ。生ビールね。サイゴンビアとか、ハノイビアとか、大きな会社が作っています。フレッシュだから、賞味期限は短いです。1週間くらいかな。それで、ビアホイとビアトゥイの中間がビアチャイね。瓶ビールのこと。これは瓶に入っているから、賞味期限は長いです。ビアホイは、ビアトゥイやビアチャイを作ったあとの機械を水で流したあとの水です」

「ええ??ビアホイは、機械を水で流した時の水??そんなバカな」
「そうです。だから、お金ない人が飲むビールです」
「でも、前はビアホイって、お店が自家製で作って売っていたでしょ」
「はいそうです。最初は大きな会社のビアホイを仕入れ、それに自家製も混ぜて使っていました」
「そういうもの?」
「戦争のあと、みんな貧しかったから、みんなビアホイ飲んでいました。ホーチミンでもたくさん飲まれていましたが、今はビアホイ屋は、田舎のほうへ行ってしまいました。ホーチミンの人、あまり飲まなくなった。ハノイでは今でもわりと人気みたいね」

ブゥさんが言っていることは、ホントなのかよくわかりませんが、ビアホイはたしかに薄いビールで、氷を入れて飲むから、水を飲んでいるみたいです。この日も二人で4L飲みました。まったく酔いません。

20時にラストオーダーを聞かれたので、早いなあと思っていると、朝8:00にOPENするようです。
他の店では6:00にOPENの店もあるようです。
深夜に働いている肉体労働者が、朝の仕事終わりに飲みにくる。
なるほど、だからベトナム人って朝から飲んでいるイメージがあるのか。
日本でもそういう店あるな・・・


手羽先のフライ、バター風味


牛肉をスパイスで炒めたもの。


茹でオクラの臭豆腐タレ

こんな感じのおつまみ。どれも美味しいです。

日本でビアホイをコンセプトにした店をやろうと思っていましたが、
どうなのだろう。
ビアホイっていう名前が、日本人にはひびきがいいし、覚えやすいのですが、
ホーチミンのローカルビアホイは、「肉体労働者の楽園」的な感じです。
しかし、ハノイの私の友人のベトナム人は、超金持ちですが、「お酒はビアホイハノイが一番好き」と言っていましたし、
日系の会社に勤める友人も、よく会社の人とビアホイに飲みに行くと言ってました。
ハノイとホーチミンでは、ビアホイ事情が違うようです。


あまりのローカルな雰囲気に、
ビアホイがコンセプトの店を日本でやることがいいのかどうか、
考えさせられる店でした。

もっと清潔で、お洒落なビアホイ行きたい・・・

JUGEMテーマ:ベトナム

 

ベトナムの屋台って安い!!

とりあえず、朝食には、バインミーが食べたい。

そう思い、中心に昔からある、有名店のバインミーを買う。
13年前に初めてベトナムへ来た時も、この店で買ったな。
その時は、その美味しさにびっくりしました。


具材はパテとハムときゅうりとなますと唐辛子と青ネギかな。
香草は入ってませんね。
日本だと、なんでもパクチー入れるみたいな感じです・・・・

作りおきなので、やや皮は硬かったですが、とは言え美味しい。
こういうパン、日本で作りたいな〜。
具材のバランスもいいです。


さて、本日は屋台を買いたいと思います。
ベトナムの食堂などでよく見かける、あれです。
路上のバインミー屋さんもよくあの屋台で販売してますね。
ホーチミンだと、時計なんかも売っています。

あの屋台、いったいいくらくらいするのだろう。
日本だと、特注だし10万円くらいかかりそうです。

ホーチミンの屋台を制作する店の街へ。


こういう店が、たくさんあります。
基本的に特注なんですが、既製品からも選べます。
私の店は小さいので、小さめなやつを選びました。



サイズがなんかちょうどよく感じてしまい、これにしました。
生春巻きを巻くスペースとしても、ちょうどよさそうです。
価格は9千円くらいだったかな。

安!!

これを押して、東京でバインミー屋でもやろうかな・・・
井の頭公園あたりで売ったら、バカ売れしそうですね。
下のアルミの部分も収納できるようになっているので、
バインミー100本くらい詰め込んで、公園で販売したら、
1本500円として、5万円。 いける。それだけで生活していけそうだ・・・

なんて妄想も楽しめます。

これも買いました。
非常に省スペース型で、やや高さがあります。


これをレジ台にしたら、かわいいな〜。
これはさっきのより素材がいいので、1万2千円くらいだったかな。

安!!

送料がいくらかかるのかが、問題ですがね。



昼飯は最近ホーチミンで大人気なのかな。
30店舗ほどチェーン展開しているフォー屋さん。
ブゥさんいわく、フォー24は美味しくなく、ここは美味しいとか。
私はフォー24で食べたことないので、なんとも言えません。

美味しいけど、ちょっと薄味かな。
化学調味料は使ってないですね。
とても清潔で、衛生的なお店です。



そして再び、ベンタイン市場へ。
昨日、オーダーしていたものの引き取りです。


最近は、市場でも値札がついているので、私は価格交渉をほとんどしないのですが、
ここベンタイン市場では、歩いていると、
「おにいさん、なにほしい?」「おにいさん、これきれい」「おにいさん、これやすい」
と、しつこく声をかけられます。
日本人って見た目でわかりやすいのでしょうね。
私もホーチミンの街で見かける日本人は、すぐにわかります。

その中で、ちょっといいなあと思った風鈴があったから、
「これいくら?」と聞いてみると、
「これはいいもの。銅。価格は20ドル」という。
さすがに高いなぁと思い、そこまで欲しいわけでもないので、
「またぐるっとまわって、考える」と言うと、
「じゃあ、15ドルでいい」

私は価格交渉したいわけではなく、そこまで欲しいわけでもないし、
後で考えて欲しかったら買えばいいやと思っていたのですが、
そこは店員が逃がしてくれません。

「いや、でもあとでね」
「じゃあ、12ドルでいい」

「他も見てみたいし」
「じゃあ、10ドルで」

半額にまでなったので、2個買いましたが、
やっぱり価格交渉はしたほうがいいのでしょうかね。
面倒なんですよね。

ぼられたとしても、だまされたとしても、それに気付かなければ、幸せなんです。

なんて、星野源の唄でありそうだな・・・



今夜の晩飯は、チャンさんおススメの店に行くことにしました。

チャンさん、なんかふっくらしたような・・・?
と思ったら、出産したばかりなようです。



なんかお母さんっぽい貫禄がすこしついたかな。
子供がかわいくて仕方がないようです。



この店は、「北部料理屋」で、
雰囲気は木をテーブルやイス、天井などに使っていて、
落ちついた感じですね。
壁に絵が描かれていて、面白いです。
ベトナムPOPSがわりと大きな音で流れていて、
若い人に人気みたいですね。
価格は安いです。



蟹鍋
カニ味噌がそのまま、たっぷりと入っています。
具材は牛肉と小さめのハム、トマト、油揚げと
青菜などですかね。



カニ味噌



最後の〆は、バインダー(ハイフォンの名物麺)を投入。
バインダークアのできあがり。

こりゃうまいですよね〜


鍋二つも食べられないのに、どうしても食べたくて、もう一つオーダー。



鶏鍋です。
モチ米で作ったどぶろくで鶏を煮ます。
最初は酒の香りと、どぶろくの酸味が独特ですが、
しばらく煮て、アルコールが飛んでくると、
非常にマイルドで深みのある味にかわります。

ここにたくさんの野菜を加えて食べます。


じゃあ、そろそろお開きということで。



女性は子供ができると、何よりも子供が大切になるんだよ。
旦那さんより、子供が優先。
そんな話をチャンさんに言われながら、
同じ言葉を日本の友人にも聞いたことがあるなと思った。
子供ができると、奥さんは旦那より子供への愛情ばかりになるから、
旦那はさみしさを感じるとか。

どこの国でも、夫婦の問題は似たようなものがあるのですね。




これぞベトナムスタイル!! 
チャンさんの場合、マスクもお洒落です。
チャンさん、またね〜。

外国人に人気のレストランと、ローカルに人気のレストラン

今回、唯一私が行きたかったレストラン。
それが 「ベトナミーズビストロ プロパガンダ」です。

この店の壁絵と、コンセプトがすばらしい。
参考にさせて頂きたく、ぜひ来たかったのです。


かなりとんがってる・・・かっこいいです。


外のテラスはこんな感じ。
目の前が公園なので、とても気持ちいいです。
外国人か、ベトナム人でも外国人と仕事をしているような、セレブリティな雰囲気の人が多いです。


清潔だけど、イスとかはPOPで、ベトナムっぽさを演出。


壁画がド迫力。
プロパガンダポスターに使われるようなタッチの絵を、壁全体に書いています。


天井が高く、広い壁面をまんべんなく使用。
大繁盛しています。


ブンボーフエを食べました。
ブゥさんは牛肉のフォー。
どちらも味はローカルの味。
こんなお洒落で、外国資本っぽいけど、味はしっかりとベトナムの味です。
価格はやや高いけど、外国人からすれば、たいしたことはないです。
人気なのがわかります。



そして、夜はブゥさんの自宅近く、
ローカルエリアにある、ブゥさんいきつけのレストランへ行くことになりました。
なんでも、いきつけになると、個室が利用でき、
かわいい女の子がいるのだとかなんとか言っています。
てっきり、小料理屋とか、スナックみたいな店なのかなと思いました。


え?ここ?
なんかすごい繁盛している、3階建で、300席規模のレストランです。
そう言えば、たしかに、女の子の店員が多いね。
でも、「いきつけ」なの?
いきつけにしては、大規模な店だな。

セクシーな格好した女の子がたくさんいます。
日本や欧米でいうところの、「Hooters」みたいな感じですかね。


女性店員は、みんなこんな格好。
こういう女性が、30〜40人くらいはいましたね。


私達は、3階にある個室へ行きました。
個室の外には、10人くらいの女性スタッフが働いています。

「茂木さん、好きな女性がいたら、選んで下さい。どの子がいいですか?」
「うーんじゃあ、あの子がいいかな」
「わかりました」

「茂木さん、ダメでした。あの子は他のお客さんについています」
「あ、そう、じゃあ、あの子は?」



ということで、女性が部屋にきます。

なんか不思議な店ですね。
女の子が、貝をむいてくれたり、料理をサーブしてくれたり、お酒を作ってくれたりします。
一緒にお酒を飲んで、なんどもカンパイをします。
ここで知り合って、外で遊ぶのは自由なのかブゥさんに尋ねると、
みんな休みがないらしく、休みの日に遊びに誘うには、女性にお金を払わないといけないとか・・・

ここで働いている女性は、南部のメコンデルタの街「ミトー」出身者が多く、
みんな出稼ぎにきているようです。
朝9:00〜15:00まで、別のレストランで働き、
15:00〜21:00まで、このレストランで働く。
休みは月に2日だけ。

給与額は聞きませんでしたが、とてもブラックな会社ですね。

ホーチミンの都会の大人達からすると、田舎出身の若い女の子は、とてもかわいく感じるのかもしれませんね。
女の子達は、中卒くらいの学歴らしく、英語は話せません。
私はベトナム語話せないので、まったくコミュニケーションはとれませんでしたショック


料理の種類は多く、価格も良心的。


ボリュームがあり、とても美味しいです。
男性がグループで飲みにくるにはいい店なのでしょうね。


料理やお酒は、リーズナブルな料金で、
女性にはチップを払うというシステムです。
10万ドン(500円くらい)渡しました。
彼女達にとっては、このチップが重要な収入源なのでしょうね。

JUGEMテーマ:ベトナム

バインミー 製パン研修

今回の旅行のもう一つの目的。

前回のサイゴン旅行で知り合った、バインミー屋さんで
製パン工程の見学をお願いしました。

私はパン職人ではないので、ここで学んだから作れるというわけではなく、
あくまでも勉強の為です。

ホーチミンのローカルエリア
1日に3000個販売するという人気店です。


人気店にしては、ずいぶん地味ですね。
すごい儲かってるわりには、店舗にはお金はかけてないようです。


裸でやるのね。


とりあえず、同じ大きさに。


成型していきます。
タバコ吸いながら・・・そういうの気にしないのね。


発酵してふくらんだら、切れ目を入れていきます。


わーい。焼けた〜。


とっても美味しそうですね〜ときめき
なんかかわいいです。


外側は薄皮で、パリッパリ!!
内側は、ふわっふわ。 最高の出来上がりです。


社長のフウさん。
先代がパテ屋だったこともあり、パテやハム作りは自信あり。
肉のミンチマシンは、日本のミツビシ製を使用。
こういうところには、お金を使うのですね。さすが職人。


蒸し機は中国製。
中はすべてレバーパテ。


蒸したハムと、揚げたハム。
バインミー用のいろいろな練り製品もすべて自家製。


パンが焼きあがると、開店時間です。
セッティングが始まると同時に、お客さんもやってきます。


焼き立てのバインミーに、自家製のハム。
最高のぜいたく品ですね。


フウさん、何から何まで見せてくれて、ありがとうございました。

次は日本で会いましょう!!




JUGEMテーマ:ベトナム
1